サイト管理人からのお知らせなど

どうも。
なんと31日から急遽入院になり、年末年始といまだに病院で過ごしております。
点滴→寝る→起きる→寝る・・・
の繰り返しで既に4日目です。

それでは今年1発目の長い長いエントリーになります。
主に中級者(月30万前後)の方には覚悟して読んで戴きたいです。

「2016年以降も生きつづけるアフィリエイターになるために」


2016年の個人的な方針。
まあ2015年とさほど変わらない。

・量産はしないぜよ
・SEO施策のジャンルはより限定的に絞る
・ディスプレイ広告の強化
・Facebook広告、インスタ広告の一部の機能のみ実施
・尖ったメディア、コンテンツの企画と実施


いくら稼いだら凄いと思いますか?



個人的にはアフィリで10万稼ぐという方は、素晴らしいと思う。
己の力で、フルコミッションの世界で10万円は凄い。

どういう方法で稼いでいるかにもよるが、
「相応しい顧客を相応しい行動をさせている」という事だから。

今年は1,000万が目標!
などの数値を目標にしている人もよく見かける。

すごいと思う。
僕は最初でこそ、そういう数値目標はあったけど、
2年目に「生き続けること」を第一優先にした。
打ち上げ花火より、線香花火のような生き方。
消えない花火、地味に細く長く・・

1億円超えたぜー!今月はすげえぜ!的な他人のエントリ等を見ると
「ほー。すごいもんだなー」と感心する。

けれど。
他人は他人。
情報も能力も僕と違うのだから比較しても意味がないし、
そもそも比較できない複雑な要素要因が絡み合う世界で、
そういう人の真似をしても僕は勝てないと思っている。

あ、あと”稼ぐこと”にフォーカスしちゃうと、人生つまんない気がする。
手段が目的化しちゃうケース。
足を知る ってことが実は大切だと思っている。

◎お金を稼ぐ(年収や月収)能力
 と
◎お金を増やす(残す)能力

は別物なので、ここは注意しないと危険。
「稼ぐ」「増やす」で取る手段は違うわけで。
ここもいつか話したい分野。

「頭で稼いで、心で使う」という言葉がある。

ほんと、これだと思う。
 たぶん年のせいもある。


まあ個人的なことはどーでもいいうと思うので、
今回のエントリーの命題。

情報の波を泳いでいるつもりだが、
     実は溺れている状態の人は結構多い。
     
     
2016年以降のアフィリエイターの戦い方。

本当の意味で成果・結果、
アフィリの安定感を備えるには、

「何を考え」「どこに目をつけるべきなのか?」







10万〜100万で足踏みしてしまう理由



アフィリエイトで「商材選び」などで、
気をつけるのは以下のポイントだ。


1)商品ごとの市場規模
2)成長率や今後のスケール感
3)購入やアクションに対するハードル
4)その他 メリット・デメリット意識


1-4まで細かい定義があるけど、スペースの問題で割愛。


忘れちゃいけないのは、これら全部商材毎に違うというコト。

ユーザーのモチベーションも、
解決意識も、
商品金額も、
シチェエーションも、
検索ワードも、
参入タイミングの早すぎ遅すぎ
・・・・とにかく100商品あれば100通りある。

だから面白いし、だからチャンスがある。



【アフィリ成功の4つの原則】

◎相応しい人に届けること
◎相応しい行動をしてもらうこと
◎自分ごと化してもらうこと
◎その為に検索クエリの意図(インテンション)を探るコト


、、、これが出来れば9割うまくいく。

アフィリは突き詰めればシンプルで、
このインテンションを読み、
「先回りして」、
「こういう事で悩んでるよね?」
「で、こう思ってるよね?」
「でもそれは案外間違いかもしれないよ」
「理由はね・・・」
「僕はこうしたら上手くいったよ」


的なストーリーとコンテンツを用意できれば、上手くいく。

SEO対策だとかテクニックに固執しちゃうと、
驚くくらい長期的な効果は生まれないわけだ。



だから・・・ 

「どのジャンルでも100%再現できる、
同じようなことをすれば、
聞いた成功体験をなぞるだけで、
成功する!!! 秘密のノウハウ!」

というモノはない。
仮に成果が出ても99.99%、「短期的」です。
これ、間違いないです。


「できるアフィリエイター」は簡単に言えば、
以下のことができている、無意識に「意識できている」気がする。


A)ユーザー目線で見る考えること
B)具体だけで考えず、具体←→抽象 の反復運動をすること
C)物事を俯瞰して見ようとすること(視座の問題)
D)承認率×報酬単価 を計算すること
E)成約率を高めること(KW選びやライティング)
F)改善を続けること(その他諸々の小さな細かなこと)



たぶん10万突破した時点で、

・キーワード選び、商材選びはマスターできている。

上記で言えばD,Eは完璧だろうし、

A,B,Cなんかも視野に入れて頑張っていると思う。


まず間違いなくできていないは F だ。

改善ってやつ。
SEOが好きで得意な人間ってFが得意なんですよ。


新しいページ、追加でページなんて作らずに、
既存ページのタイトルや見出し、
コンテンツワードなんかを書き直し、修繕していく。

修正でなく、修繕という言葉がまさにピッタリ。

アクセス解析見て、足を引っ張っているページを「削除」したり。

賢い人は「引き算」ができていると思います。






例えば「ビーグレンの美白」を売っているサイトを作ったとします。

<公式サイトはこちら>

で締めくくっているけど、決まらない。

それじゃ次はないをするかっていうとFで言う所の
「リンクの付け足し」なんですわ。


<公式サイトはこちら>
<初回限定の特典を確認してみる!>
<なぜ初回はお得なの?>


これくらい入れてもいいでしょう。

経験則上、3番目のリンクがクリックされます。

「問いかけ型」ってのは記事見出しにしても、
テキストリンクにしても、広告文にしても強いのです。

なぜなら「その先にはその答え」があることを暗示しているからです。



こーゆー改善を当たり前に地味にできる人間。

こういう人は間違いない強し、生き残り続ける人だと思う。
LFMとかの飲みでも非常に多いです、そーゆー方。



「決まらないよ。何か魔法みたいな方法ねえのか?」

ということが頭によぎった時点で、将来は暗い方向に流れるのでご注意を。

さて、いよいよ本題です。
ぜひこれ以降はプリントアウトして頂きたい。




read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

どうも。久しぶりの更新です。

2015年も終わりと言うことで、今年の振り返りと、近い将来のアフィリエイト業界やアフィリエイターの展望に予測について好き勝手書いてみようと思います。
ほぼ当たるとは思いますけど。


まずはアフィリエイト業界から



2015年、アフィリエイターにとっては過ごしやすい年だったのではないでしょうか?

例年になくGoogleの大きな動きもなく、
SEOマーケット的には「コンテンツSEO」だとかそういった言葉が浸透した年でした。

SEOアフィリエイターは大きく別れ、「リンクは貼らない」という人が続出。
ここについては色々な見方、考えがあるのでどちらが良い悪いは言えません。
まあ、そのこと(いわゆる被リンク貼らない人たち)で、
一部のSEOアフィリエイターは中古ドメインを上手く活用し、
大きく事業売上げを伸ばしました。うちもその1人です。


「SEOについて教えてもらう、質問する」

僕がアフィリエイトに触れてきて、一番マズイと思うのは
誰かが言ったことを、そのまま鵜呑みにする、しがちな事だと思います。

そもそも成功なんて「運とタイミング」ってのが大きな割合を占めるわけでして、
SEO成功者(例えば大きなワードで1位とか)は
「結果」を出してから「後づけ」的な理論を振りかざすので、
その方法が正解というのは怪しいですし、

そもそもアフィリエイトというものは1位を獲得する競争ではなく、

いかに「相応しいユーザーに相応しい行動をしていただくか?」


がセンターピンだと思います。



アフィリはまだまだ伸びるでしょう。
今から本気でやれば半年で10万とか20万なんてスグです。

勘違いして欲しくないのは、

そこにSEO技術は必要・十分条件ではあるけれど、
継続的に利益を出すのであれば、
必ずしもSEO力ってのはそんな意識するまでもなく、
もっと重要な箇所に力を注ぐべきだと。


稼いでいるアフィリエイターと稼いでいないアフィリエイターの違いはソコにあります。


「解決、答えのないものを探す旅」の最中のアフィリエイターが多いのですが、

その旅はファンタジーですので、答えは出ませんよ。」




ブラックSEO,ホワイトSEO論争



ブラック、ホワイトなんてものは本当に意味ではこの世に存在しない。
作り手の都合で作られた小さい割合での論争に過ぎない。

報酬が上がるサイトは何かしらの役に立っているだろうし、
単にPV稼ぎでマネタイズ出来ていない人も増えている。

じゃあ「どっちなの?と言われれば・・


ここでの判断は「事業サイズ」だと思う。

つまり

・売上数値も大きくし、規模・社員も増やす

・少数でもいいから「最適化」を狙う




僕は後者だ。
理由はいろいろある。
田舎なのでスタッフ募集をしても人は集まらないし、
正直アフィリエイト事業としての限界を感じている。

感じているというのはアフィリの利益ベースで単月1,000-2000万くらいがおそらくやっとであろうと。
売上はいくらでも積めるだろうけど、
正直そこに突っ込みすぎると、他の事業が廻らないし、
なんか「そこそこ上手く行っている」くらいが自分的に良いかなと。

でも実は2016年は事業サイズをもう少しだけ大きくするつもりだ。

これは「集客」という面において新しい事業をいくつかスタートするので、
単に人材足りねーやってことでもあるが。
アフィリ事業単体で見てもあと2名は欲しい。


スタッフ、従業員などを多数抱えてでも、
数字を積み上げながら大きくしていくのであれば、
家賃や給料諸々で大きなお金が出て行く。

・・となれば「いわゆるブラックのみのSEO」では、不安定な面は否めない。

数人なら売上げが半分くらいになっても耐えられる。
しかし規模が大きくなると、そんなことはムリ。

となれば仮に「大きくするぜ会社を!」という意気込みがあるなら、
ブラック的SEOで売上ドカーーン!と伸ばしたタイミングで、
コンテンツメディアというか、コンテンツSEO的なことを走らせるのはマスとかと。
逆に1人でやっているような人が、そこに注力するのは個人的に意味が分からない。

結局ですけど

・ホワイトとブラックのコストは同じ、もしくはさほど変わらない

ってことを案外、知らない人が多い。

年々良いコンテンツサイトが生まれている。
そして質自体も数年前では考えられないようなアフィリエイターが作ったサイトが多数ある。

でもコスト、手間ってのはどっちも同じだ。
100万くらいを捨ててもいい覚悟で望まないと、
良いコンテンツサイトなんて出来ませんから。
2016年以降は、もっと戦いは激しくなると思う。

どうやって抜け出すか?

たぶんここの戦い。
というか、戦う前から「収益化できるか?成功できるか?」なんてものは決まっている。
やってはいけないジャンルがあるんだけれど、
そういうジャンルで必死にサイトを作っている人は多いですね。

「物販系」のキュレーション、コンテンツサイトを作っている人を見かける。
これ、次の投稿で書こうと思うのだが、ややリスキー。
コスメ、ライフスタイル、美容・・・・的なカテゴリを用意し、
毎日のようにアップしているサイトはある。

企業(何かしらの販売者)としてやるのはOKだと思う。

でもこういった色合いのサイトは「マネタイズ」が出来ていない。
といいますか、一部のサイトが勝ち組で、それ以外は単なるPVが多いサイトとしての役割しか担っていない気がする。
LFM年末セミナーでも話したけど、
「ダイエット」ならもっと細かく設定、企画しないと本当に難しい。

-35歳からのダイエット-

などユーザーのセグメントはもちろん、
世界中のダイエットに関わるコンテンツをまとめるとか、
いわゆる「深堀り」をしないと「物販系」では難しい。

100万くらいまでは上手く行けばいけるだろうけど、

そこからの爆発的な報酬アップは見込めない。



その原因は・・・

read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

半分準備が整ったので思ったことを。


モノを売るのに最も価値あるスキルとは?



一生使えるノウハウはないし、
未来永劫流行り続け需要が枯れない商品ってモノはない。

アフィリエイトでもそうですし、
ECでも店舗ビジネスでもそうなんですけど、
「一番尊いスキル」って何でしょうか?と。

いろいろあるし正解はないかもしれませんけど。

「売れているお店が有するモノ」
「稼ぎのいいアフィリエイターが有するモノ」


こう考えると、共通点はいくつかあります。
それは両者ともに

\気靴ぁ⊆社に相応しい見込み客を、 サイトや店舗に引き連れてくることが出来ている。

∪気靴ぁ峺楜劼砲覆蠧世訖諭廚鮟犬瓩襪海箸出来ること。



ということです。

SEOがなんとかかんとかってのも重要ですけど、
リスティングもSEOもメルマガもDMも集客の手段にすぎないわけでして。
となると・・・
僕はこれが答えだと思っているし、
これが実現できない人が多いから、
SEO業者だとかSEM代理店だとか、
タウン誌だとかが存在するわけです。

正しい見込み客をサイトにたくさん連れて来れるということは、
ビジネスを行う上で、もっとも価値が高い。



マスメディアと違い、インターネットの利点は・・
「正しい見込み客」
「相応しいユーザー」
を、あらかじめこちらで選べる点にあります。


read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

どうも、僕です。

来月からはじめる講座的なヤツの準備中。
いろいろ書きたいことはありますけど、
久しぶりに「アフィリエイト」で必須であろう「集客」について。



ネットは不動産に似ている。



よく言われる言葉ですが、そのとおりです。

キレイなマンション(建物)を建てても、入居者がいなければその建物は邪魔なだけ。

ネットでいえば、そのマンションを満室にできるかどうか?

ここが試されるわけです。

技量として。


12



多くのアフィリエイターさんの考えとか悩みとか聞いていると、

「ちょっと違うんだよねー」と思うことが多々あったりなかったり。


僕がここ数年で心がけていることは「集客」に関する概念です。


「本来取りこぼしていた利益を、どこで回収するか?」的な考えです、はい。

read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

どうも。久しぶりの更新です。

最近はSEOでの集客が非常に上手く行きすぎて、笑えるくらいアクセスが集まっています。
SEOと聞きますとキャッシング、カードローン、医師求人、車買取りなどの大きなキーワードでのSEOを思い浮かべるアマチュアの方が多いのですが、僕は「集客数」でなく「集客した人をどれだけ公式ページ(クライアントサイト)に送客できるか?」に趣を置いています。

そもそもビッグキーワードで1位になっても1週間居続ければGOODな時代なわけでして、こんな時代だからこそ「正しいキーワード選定と考え方」というものが武器になります。
またスマートホンの登場によりほぼ全てのジャンルで半数以上をスマホ経由のアクセスになっており、この流れは加速の一方です。

LFMしかり、過去のセミナー然り。
僕は[キーワードの探し方考え方]などを身につける事がアフィリエイトにおいての貴重な資産財産になると思っています。事実僕はずーーーーっと何年もその事しか考えていません。
キーワードの重要性についてかなり長期間説いています。
「キーワードは料理するもの」であり「素材にすぎない」と。

だからこそSEOでもディスプレイ広告でも検索連動型広告でも一定のパフォーマンスが出せているのだと自負しています。

SEOは僕以上に詳しく上手な人はいるけれど、
「これを買う人はどんな人でどんな想いがあるのか?」
という事に関して考え抜くことに関しては結構自信があります。

はい、そういったワケで成功事例も含め
「キーワードの考え方」「ユーザーに刺さるメッセージ」について少し書いてみようと思っています。


ユーザーの立ち位置を考える技術



僕は企業の集客支援の中でリスティング代行などを行っています。
一方でASPアフィリエイトも行っています。
モデルは違えど「考えるべき事」は同じです。

ダイエット関連のサプリを売らなければいけません。
さて、どんなキーワードで集客しコンバージョン獲得を目指しますか?


ある企業さんから相談があり行った施策です。
大手に頼んでいたが数字が上がらずCPAがどんどん上昇。
リニューアルをキッカケに相談を戴きました。

で・・・売上は10倍になりました。この考えは当然ながら「アフィリエイト」でも重要です。

さて「どんな人にどんなメッセージで売りますか?」

「どんな人に」「どんなメッセージ」

この2つの前提でほぼ結果は決まります。
ペルソナどーこーの詳細な事項よりこの「2つの事項」です。

ここがとっても重要です。

read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

浜本です。

巷ではGoogleが外部リンクの評価をどーこーすると言っている今日このごろ、いかがでしょうか?

2年前の大雪の中で開催された鳥取セミナー的な中で話したのですが、

「世の中は本音と建前」で出来ている。

本音だけでも生きづらいし、建前だけでも生きづらい。
ビジネスでも本音や理想論だけでは回らない。
折り合いをつけることが何事も重要。

つまり僕たちは「本音と建前の混じる部分、本音と建前の狭間で生きていくしかない」

という事をお話しましたけど、今回のGの発言とか発表もまさにその通りだと思うのですね、はい。



Gは絶対賢者として「悪いサイト」を駆逐したい。それはユーザーも同じ。

しかし何をもって「悪いサイト」とするかは結構難しいわけですよ。

本当にナチュラルなサイトだけを表示させるのは簡単でしょう。


しかしそうなりますと「検索エンジンとしての地位」を放棄せざるを得ません。

渋谷ラーメン で検索すると、1年前くらいドコかの誰かが書いたような

「マジ美味しかった、このラーメン。渋谷ならここいいよー」

的なブログやサイトがHITしまくるという事にもなりかけませんしね。


twitterで素敵な投稿を見つけました。

自分でやってもいないことを評論する人の話はノイズでしかない。起業家でも、たまたま自分がうまくできた事がたまたまだと知らずに自信満々に一般化して話しちゃう人の話もノイズでしかない。


うむ。そのとおり。

結局のところ、googleと向き合っているウチは対して稼げないし、
ユーザーと向き合っているアフィリエイターがガンガン報酬を伸ばしているというシンプルな図式です。

平凡の細部を見ていくと「非凡」が見つかります。
稼いでいる人って地味ですけど、この「平凡の中の非凡」を見ようとするんですね。
なんかカッコイイですね。
僕もそーなりたいワケです。
では本題。

快感率



SEOとかやってますと快感を覚える時が何度もあります。
報酬があがれば嬉しいのは同じなのですが、僕の中で一番快感率が高いのが・・・・

コンバージョン率がグイッ!とUPした時です。


本日ちょうど良い事例がありました。

3100



そこそこイイ数字があがっています。

サブアカウントの管理画面なのですが、実はここのアカウントはほぼ実績がありませんでした。
といいますか、上手くいって1日2万あればいいくらい。

しかしこの4日間で一気にパフォーマンスが上がってきました。


興味深いのは「アクセス数」は全週に比べ約35%ダウンにも関わらず、

パフォーマンスは数十倍になりつつあるという事実です。


何をしたのか?ってことですね。







read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

s-s-Fotolia_27256970_Subscription_L



浜本です。

アフィリエイターに限らず「コンバージョン(成約)」を取るためには色々な問題や要素が関わってきます。

コンテンツを基軸として、色合いやフォントの大きさ、バナー画像、申込リンクの置き方・・・

色々ありすぎて悩ましいですね。


SEOサイトとリスティングサイトのデザイン






「リスティングサイトとSEOサイトって、同じページじゃダメですか?」



この質問はよく受けます。僕の見解は「別サイトでいきましょう!」です。

「結婚式にTシャツ、チノパン、スニーカーで列席してもいいっすか?」
・・・・・・・・・ってのと同じ質問です。



リスティングとSEOサイトでは構成もサイトも違って当然だと思っています。

「集客ユーザー」をある程度絞り込めるのが「リスティング広告」の強みの1つです。

「集客するユーザーをコントロールできないSEO」とは明確に違う点の1つです。


リスティングのメリットを1つ上げれば「コントロール可能」ということでしょう。

Aというユーザーは歓迎。
でもBやCは来てほしくない。Dはまあ見てもいいよ!


・・・・という具合にコントロールできるのはリスティングの強みでもあります。

ですから「ズバリ!このユーザー!」と狙う撃ちを行うリスティングにおいては、

出来るだけ「キーワード・広告文・LP」のマッチング率を引き上げ、

さらに「一貫性」を保つことがとても重要です。



アフィリエイトのリスティングだろうが、ECのリスティングだろうが同じです。


基本、リスティング広告における「コンバージョン」の大小は
「キーワード・広告文・LP」の3要素で決まると考えてもらって大丈夫です。

ここの意味や重要性を知らずに「品質があれこれ」とか考えだしたり、
やるべきコトを知らずに手を動かすから広告費だけが大きくなる人が多いですね。
で・・・・確実に失敗します。


さて本題。

アフィリエイトをしていますと

「なんでこのサイトはアクセスあるのに決まらないのだろうか・・・・」


という事実に驚愕する時ってありますよね。

お金かけて外注して美しいデザイン、シャレシャレなLPやサイトを用意した。
でもコンバージョン数が激変した。
とゆーか、むしろ変更前の方が良かった・・・・など。

これについてはLFM音声でも過去に取り上げました。

公開処刑で(車案件)の音声ですね。(2013年11月第2回音声【濱本×世一】24分27秒)
これ、かなり重要なんですよねー。




read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

アフィリエイトは稼げない・・・・・

うん。ウソですけど。
でも中には、思ったように秒速で稼ぐことが出来ずに苦しんで、あやしげな塾やノウハウに献金を行う人も多いようで。

そもそもですが「インターネット」はなぜコレほどまでに重宝されているのでしょうか?

そのことを突き詰めれば、「アフィリエイトサイト」では何が重要なのか?は見えてくるのです。



僕たちはほんの10年ほど前。
欲しい情報に中々出会うことが出来ませんでした。

それはなぜでしょうか?

友人の会社に電話をかけようとすれば、電話帳を引っ張り出して聞くか、
104に電話してお金を払って調べるしかありませんでした。
でも今は?
ネットで会社名で検索すればスグに出てきますよね。

なぜインターネットはここまで躍進したのか?という問題。

答えっぽいものは無数にありますが、代表的なものを2つ。




コストも下がると「下がっちゃいけないもの」まで下がる



この2つが「SEO」でも「リスティング」でも重要な根っこになります。


1)サーチコストが安くなったこと。

今まではAという商品を買おうとすれば雑誌やニュースなどを元に「自分で判断」しなければなりませんでした。
何かを調べる、何かを買うという状況において「調べる」という行為に対して「多大な時間」を割かなければならなかったのですね。

これが「サーチコスト」です。
つまり自分の欲しいモノコトを探すための費やす費用のことです。



A店とB店で同じ商品での価格差を知ろうとすれば、店舗に出向くしかなかったわけです。


ネットの登場によりサーチコスト」は劇的に下がりました。
といいますか、タダです。
今まで使っていた時間と労力がタダになったわけです。


2)マッチングコストが安くなったこと。

マッチングコストとは”自分に合っているかどうか確認する費用”のこと。

A社のワンピースを買いたい。でも田舎だと店舗もないので、困るわけです。
サイズも困るし、色合いも困る。
Mなのか?Lなのか?・・・・・・・
自分が欲しい・得たいというモノコトに対しての確認に時間もお金もかかるということです。

しかしネットであれば「まだ実際に目にしていないもの」に対しても情報は転がっていますし、
ブログなどを通じて「自分が欲しい情報」を探し出すことが出来るようになりました。


この2つのコストが低減されたことで、ネットは便利なモノと認識され、
どんどん加速的にWEBサイトというものも増えたわけです。


で。 ここからが重要です。


確かにマッチングコストもサーチコストも下がった。
しかしそれに伴い情報作成のコストも低下してきたということです。
例えば無料ブログの登場で作成コストは低下し、誰でも情報作成、発信できるようになりました。


そうなると何が起こるか・・・・マッチング「率」の低下です。


検索窓に「得たい情報」を打ち込んでも、
「なんかイマイチ。的外れ」的な検索結果が表示されるというコトが増えたのですね。
といいますか、増え続けています。


アフィリエイターが忘れてはいけないこと。



マッチング率が高いコンテンツサイトを作ろうと意識することです。
専門性の高い記事やユニークな記事ではなく「ユーザーの心に刺さるマッチするコンテンツ」です。
僕はこれがコンテンツSEOの本質だと思っています。


ユーザーの「脳みそ」を覗こうとする努力です。
何百回も言っていますが「ユーザーは本当の欲望やウオンツ」を「言語化できません」

検索キーワードというものは「あくまで顕在化」しているだけであり、
そのキーワードが検索ユーザーの思いや考えを表しているワケではないですね。


ほとんどのケースにおいてこのズレの率が高いか低いかが報酬として現れています。

いいでしょうか?
seoの上手下手ではなく、コンテンツとユーザーの意図との「マッチ率」です。
ここがきわめて重要なのです。

・ユーザーの意図を汲み取る力

・ユーザーの本当の悩みを先回りしてあげる、翻訳してあげる力


この2つはLFMメンバーの方なら500回くらい聞いてるんじゃないでしょうか。
本当に理解しているかどうかは別にして。

だけど、上手くいっていない人に限って最新のSEOとかの戦術論に流されるのですね。
たぶん芽が出ませんけど。
基本をすっ飛ばして先走っても無駄ですので。


それではアフィリエイター様に問題です。
簡単な問題です。

「あなたはキャッシングのアフィリエイトをはじめようと思っています。
どんなサイト名とつけますか?
どんなコンテンツを作りますか?」



read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

いまからASPアフィリエイトをはじめようと思っていたり、
そろそろ本気でSEOとかサイト作成を考えている人に捧げるエントリーです。


僕が思うのは
「今から始める人は、ほとんどの成功事例や失敗事例」を手に入れられるのでいいなー・・・・という事です。

おそらく「今から始める人」の強みはそこにあると思うわけです。
成功したことを自慢げに話して塾をしちゃう人も大勢います。

どんな商材が良くてどんな塾がいいかは僕にはわかりません。
自分の人生は自分で考えるしかないと思うわけです。


「情報が多すぎる」
「甘い囁き、オファーが多すぎる」
「因果関係と相関関係をごったにしている」


結局、これから本気でやっていこうと思えば上記の囁きや情報と戦う必要性があります。
といいますか、上記に負けるようでは上手く行かないでしょう。

ASPアフィリエイトって、結局は頭の良さでは無く
「この文章は何を伝えているのだろうか?」という事を読み取る力が必要なんですよね。
文章から「本質を読み取る力」であったり、
音声やセミナーなら「その言葉や行間から本質を掴む」という咀嚼能力などなど。

SEOやコンテンツで間違いが多いのは因果関係と相関関係です。

SEOに関しては「相関関係と因果関係」が重要。

AをしたらBになった。

これが事実であっても、そこに「因果関関係」は無いかもしれません。
ただ相関があるだけで、Bになった原因はAでは無いケースは山ほどあるわけです。
データってのは取り扱いかた次第でいかようにも解釈できる魔物です。


さて、本題です。



1多くの人が上手く行かないのは「成功する法則」ばっかり探すから



成功する方法とかノウハウの類はほとんどが「真実」ではありません。

僕も所々でいいますが

「成功する方法とかノウハウとかに集中するとヤバい。

だってキーワードによってもSEOも違うし、そもそもその方法が正しいかどうかは分からない。

成功ノウハウや情報に必死になるのであれば、

生々しい失敗事例やミスなどに耳を傾けた方がいいと思います。


成功事例をいくら聞いても積み上げてもそれは「成功」に近づくとは思えません。


なぜなら・・・

稼ぎ続けている人が少ない」という現実がそれを証明しています。

成功する方法、ノウハウじゃなくて、

やってはいけない、失敗事例を聞いたりする方が僕は成功には近くなると思います。」



こう書いても多くの人は「成功するノウハウ」を探すのでしょうけど・・・・

SEOでカンタンに上げる方法。
記事を考えずにサクサク書く方法etc....

簡単と楽は全くの別物。
極論を言えば「楽」ではありません。
なぜなら僕達は「考えなければいけないから」です。
そう、ユーザーとクライアント(広告主)のために。

検索エンジンと向き合っている時点で所詮は「単発の報酬」しか得られません。

read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

お久しぶりの更新です。
SEOで下がってしまった、飛んでしまったとの声をよく聞きます。
そしてそれを機に諦めてしまう人も多いですね。

まずは久しぶりにSEOネタ。

SEOを頑張る人が多いのですが、そもそも
「そのキーワードで上位表示」されれば、どれくらいの収益性が売上が見込めるか?
・・・を把握せずにやっている人が多くないですか?

おそらく「この商材は売り上げいいよ!」とか
「このキーワードは絶対に売れますよ」とか
「この商材を1サイトで300件取っているサイトがあります!」とか

・・・結局は「人の言ったこと」を鵜呑みにしてしまうケース。

非常に多いですね。
ASPの「売上数字」についても「本当のところ」は分かりません。
例えばですが・・・・

「酵素ドリンクが800万の売上ですよー。稼げますよー」

と言われたとしても、
その数字は実はリスティングアフィリエイターが7割以上獲得しているかもしれません。
つまり「SEO」では「キーワードの幅」が狭すぎて、件数獲得できないという事かもしれません。

また「どんなキーワードで決まっているか?」はASPは分かりませんし、
稼げる商品を知っても「稼げるキーワード」を知ったわけでもありません。


確かに「酵素ドリンクが売れている」というのは事実かもしれません。
でもそれは「酵素ドリンク」というキーワードで獲得している事とはイコールではないですね。

ちなみに「酵素ドリンク」で1位になっても、数字的にはさほどです。(労力に対して)
頑張ってSEOかけても、激戦区の割に収益性はイマイチ。
イマイチといっても10万くらいは行きますけど。

でも10万を獲得するために、そんな激戦区ワードで時間を使うのは、個人的にはナシです。

もしかしたら酵素ドリンクというキーワードとは異なる世界で獲得しているかもしれません。

read more



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
はじめての方へ
↓メルマガ最新号↓
メルマガどうですか?
月1ペースで濃密情報と思考方法をお伝えします。
メルマガ購読・解除
 


人気ブログ参加中につき、クリックすると小躍りして喜びます。
ブログランキング
Recent Comments
ピックアップ

お薦めのサービス紹介
ドメインのリーチ力が違います。。良質なドメインを安価で入手可能。継続率の高いお薦めサービスです。

A会員用 S会員用
お薦め書籍本
アフィリエイトやマーケティング、PPC、独立開業・・・・
今までに購入し「これはスゴイ!」と思った書籍をピックアップ中。ジャンル別に実際に読んでお薦めしたいものを厳選紹介しています

お薦め書籍本
その他

ランキング

ナースではたらこ
サイアミディン http://www.xn--ecklkm7zka3a5abbb3h1260cn0m91f942im3wc.asia/ スキンケア
多重債務